サイトマップ

絵
MENU
トップ頁
次回公演
公演記録
南京小僧?
小僧っ子ら
メルマガ・南京グッズ
南京ブログ
リンク
トップ頁>南京小僧?

 Q1.劇団阿佐ヶ谷南南京小僧とは?
   A.1999年3月に飯野邦彦が旗揚げした劇団です。
    都内で活動しています。
    飯野邦彦が脚本と演出を手掛けてます。
    ヨネクラカオリがチラシや舞台美術をやります。
    舞台セットヤ小道具は、段ボールで出来ています。


 Q2.「阿佐ヶ谷南南京小僧」の名前の由来は?
   A.「南京小僧」は深沢七郎氏の小説から頂きました。勝手に。
    爺の一人称で語られるとても短い話ですが、唄付きです。
    南京袋につめられた子供が船にゆられて売られてく、そんな話。
    劇団ロゴはそれです。

    劇団ロゴ
    「阿佐ヶ谷南」はア行だからです。
    阿佐ヶ谷とか中央線好きだし、南が並ぶのもいいかな、と。
    特に深い意味はないらしいです。


 Q3.劇団員は何人いるの?
   A.6人です。(2007年2月現在)
    最初は一人二人だったので、いくらか増えました。
    座長の飯野邦彦、美術ヨネクラカオリと、
    伊藤昌子・メリルリン子・田中智保・中川由美子でやってます。
    劇団員についての詳細は「小僧っ子ら」をご覧下さい。


 Q4.あの帽子眼鏡の人は何?
   A.「南京男」です。「なんきんおとこ」と読みます。
    旗揚げ公演のチラシに出てきたばっかりに、
    ずるずるとすっかり居着いてしまいました。
    帽子の中には、盗んだ大陽を隠し持っています。
    近付くと暑いかもしれません。


 Q5.どうして舞台セットはいつも段ボールなの?
   A.舞台セットを作っている「おつかい小僧」達が
    意外と非力だからです。体力的にも経済的にもね。

    お芝居は物語だから、記号であればいいんです。


 Q6.どうしてなの?
   あなたの疑問お待ちしてます。


*当サイトで使用しているテキスト・画像の無断使用ならびに無断転載は禁じますよ。