サイトマップ

絵
MENU
トップ頁
次回公演
公演記録
 黄金街の首縊りの家
 千円女王
 風雲!シンデレラ城
 百合・シーズン
 男殺石鹸地獄
 から松ン家の兄弟
 二十一世紀少年読本
 善哉の耐えられない甘さ
 AKINA
 市立!秘密探偵
 黄金バスト
 カーリング殺人事件
 太陽を盗んだ男
南京小僧?
小僧っ子ら
メルマガ・南京グッズ
南京ブログ
リンク
トップ頁公演記録>男殺石鹸地獄

  男殺石鹸地獄(おとこごろしせっけんじごく)             9

  於●阿佐ヶ谷アルシェ 
  時●2004年2月27日(金)〜3月2日(火)

  おとこは愛嬌に逝き、おんなは義理人情で犯した・・・。
  きらびやかな花街に、しゃぼんの泡が華と舞う!
  近松を題材に劇団阿佐ヶ谷南南京小僧が贈る、現代風世話物演劇の太鼓判!!!


  チラシ。
泡で隠しすぎたっ。
もっと露出を!
 舞台写真
幕開き。

「た〜まや〜!た〜まや〜!」
とある寂れた町のコインランドリーの中から
修理屋(右/飯野邦彦)が顔を出す。体も出す。

「洗濯機のこどもが生まれたっ!」
そのコインランドリーの経営者の娘・美紅
(左/ヨネクラカオリ)
 舞台写真
コインランドリーの裏には銭湯・松ノ湯。
そこにたむろう甲斐性のなさそうな男三人。
床屋の与兵(中央/中山恒輔)と
八百屋の善次(左/増田修一)
酒屋の五郎(右/宇原智茂)
「協力するもしないも、その女の話次第だよ」
 舞台写真
その女ってのは、
松ノ湯の経営者・あけみ(勝目知里)
「松ノ湯って名の銭湯が、東京の下町に、
 文字通り湯水の如く残っているのはね、
 そこに花街があった名残りなんですって。」
あけみもスプリングセール中です。

 舞台写真
あけみに惚れられたと舞い上がる与兵は
兄の徳(左/久保田勇一)を巻き込み
なんとか妻と別れて、
あけみと一緒になろうと画策する。

と、なぜかそこにいるさすらいのうどん屋・
マンモス西(中央/草野イニ)。
 舞台写真
しかしあけみには情夫がいるのでした。
左/墨田(大矢薫)

「シャボン玉は、はじける寸前の緊張感が、
 もっとも輝きを増すの。色とりどりにね。」
「俺とは緊張しているかい?」
「ばくばくよぅ!」
 舞台写真
プラプラしている夫の代りに店を切盛りする
しっかり者の妻・吉江(田中智保)

面と向かって「別れてくれ」とは、
・・・・・やはり言えない。
 舞台写真
与兵に言いくるめられた徳は
小菊(左/伊藤昌子)を呼出す。
「俺は小菊ちゃんのこと好きなんだけど、
 与兵のおかみさんと結婚するんだ!」
「嫌いなら嫌いって、
 判りやすく言いなさいよ!」
 舞台写真
「朝も昼も夜も、お前がすっと肩を出せば、
 黙って揉んで揉んで揉みしだいてやるさ。」
「そんなに揉まれたら揉み返しがきついわ。」
「揉み返しがきつかったら、
 揉み返しを揉み返してやる。
 それでまた揉み返しがくれば、
 揉み返しを揉み返した揉み返しを、
 揉み揉み返して、その揉み揉み返しさえも、
 揉み揉み返して、
 揉んでいるのか、揉み返されているのか、
 判らないくらい揉んでやるよ!」
 舞台写真
与兵らに乗せられた徳は今度は吉江に。
「僕、結婚するんだ。」
「あらあら、おめでとう。」
「どういたしまして。」
「で、相手はどなたなのかしら?」
「吉江!」
「だから、誰?」
「だから、吉江・・・さん・・・?」
 舞台写真
そこへ泥酔いして乱入する小菊。
「お前だけは、許せない!」
「え?」
いかりの矛先は吉江に。
「よくも俺の徳を!」
 舞台写真
「あんちゃん!てめえ、よくも俺の女房を!
 ・・・あれ?」

ホントは吉江と徳の濡れ場を押さえて、
二人の仲を認め
潔く身を引いたふりして
離婚するはずだったのだけど。
 舞台写真
「お小遣いあげるから、
 それで何か美味しいものでも食べておいで。
 お母さん、今詰まっているみたいだから。」
 舞台写真
計画は吉江にもばれて・・・。
「奴がその手で来るなら、意固地になってやる。
 私、別れないわ。別れてやるもんか。」
 舞台写真
家にも帰れず、あけみにもつれなくされて
ふんだりけったりの与兵。
 舞台写真
吉江が仕返しに、
マンモス西と出来たふりをするという作戦を
与兵に伝えに来た五郎だったのだが、
「吉江と西が出来た」ってとこしか
伝わらなかった。
ますます帰れない与兵。
 舞台写真
「張りつめたものに触るようじゃだめなのよ。
 もっと、泳がしといてほしいの。
 守るんなら、そっと泳がしてくれていないと、
 破裂しちゃうのよ。」
「泳がしてやるさ。」
「やるよって態度が、
 干渉しすぎだって言ってるじゃない!」
「勝手にしろ!!!」

あけみと墨田の関係もぎくしゃくしてきた。
 舞台写真
「うどんだろうがそばだろうが、
 自分が食べたいと思ったんなら、
 最後まで食べなきゃならないのよ。
 その上で、食べた上で、まずいとか、
 看板に偽りありとか文句を言えばいいのよ。
 でないとまずいままでしょう?」
 舞台写真
大事なモノを失って、
今更引き返せない者同志。
「戻れないなら、戻らないで行こうか。」
「色々勉強した二人だもん、
 同じ過ちを繰り返すはずないもの。」
「全くだよ。絶対幸せにしてやるからな!」
「して、して!幸せにして!」
 舞台写真
芝居じゃなくって
本当に吉江に惚れていたマンモス西。
しかし吉江の与兵への愛の深さに気付き、
再びさすらいの旅へ。
「今日のうどんは、
 七味が目にしみるかもしれませんね。」
 舞台写真
「小菊ちゃん、誤解なんだよ〜。」
「もう誰も信じない、誰も愛せない。」
「一緒に新婚さんいらっしゃい出たいんだよぅ。」
「わ〜、嬉しい。なんて言うと思ったか、
 この野郎。誤解に見合うだけのものを、
 言葉を頂きたいわ!」
「どういうこと?」
「考えなさいよ、自分で!」

喧嘩してたって
好きな人と一緒にいられるのは
幸せな事かもしれない。
 舞台写真
一晩明けて、
やっぱり家に帰ろうとする与兵。
「あんた、昨日の事忘れたの?」
「忘れちゃいないさ。また来るよ。」
「また?ずっと一緒にいるって言ったのよ。」
「うんうん、言った言った。
 だからちょっと待ってて。
 一度、家帰ってくるから。
 そしたらまた伺うよ。」
「一緒にお墓に入るって言ったじゃない!」
次第に激しくなる口論はやがて・・・。
 舞台写真
「やめてー!!」

そこへ墨田が現れ与兵の背中に鋏を突き立てる。
息絶える与兵。
家では吉江がずっと帰りを待っている。
 舞台写真
「あんた〜、帰ってきてくれたんだぁ。」
「どうにも行き場所がなくて、」
「行く場所がないなら、
 ずっといなよ。ここに。」
「ずっと?」
「うん、ずっと、」
「ずっとだね。」
「ずっとよ。」

そして二人で与兵を浴槽の排水管に詰め込む。
「ふふふ、初めての共同作業だ。」
 舞台写真
「やったぞ、
 ついに詰まりの原因を突き止めたぞ!」
「早くおうちに帰りたいなぁ〜」
と、出てきたのは赤く染まった布切れ。
「なんじゃこりゃ?」
 舞台写真
そして腕が・・・・。
「・・・・!?」


「早くおうちに帰りたいなぁ〜」
写真/浅香真吾 


  出演●
与兵(吉江の旦那・髪結いの亭主)・・・・・・・・ 中山恒輔
吉江(与兵のかみさん・床屋を切り盛り)・・・・・ 田中智保
(与兵の兄貴・小菊に岡惚れ)・・・・・・・・・ 久保田勇一(かわずおとし) 

善次(与兵の親友・八百屋さん・威勢だけがいい)・ 増田修一
五郎(与兵の親友・酒屋さん・計算が好き)・・・・ 宇原智茂(Orange PunPKing)

小菊(徳の想い人・結婚生活に憧れる)・・・・・・ 伊藤昌子
西(さすらいのうどん屋・返事がいい)・・・・・・ 草野イニ(ロリータ男爵)

あけみ(街娼・銭湯に住み込んでいる)・・・・・・ 勝目知里
墨田(あけみの情夫)・・・・・・・・・・・・・・ 大矢薫
美紅(あけみのこども・生意気盛り)・・・・・・・ ヨネクラカオリ

修理屋(排水溝の詰まりを直すのが仕事)・・・・・ 飯野邦彦


    作・演出●飯野邦彦
      美術●ヨネクラカオリ
    舞台監督●坂野早織
      照明●jimmy・藤崎真義
    音響効果●もりちえ(75W)
      衣裳●劇団阿佐ヶ谷南南京おはりこ小僧
      装置●劇団阿佐ヶ谷南南京おつかい小僧
      制作●田中智保
    制作協力●藤野和美(オフィス・REN)
      記録●浅香真吾・赤川裕一

*当サイトで使用しているテキスト・画像の無断使用ならびに無断転載は禁じますよ。